シミの原因、メラニンは何故できる?

皮膚の黒い色素がメラニンですね。
黒い「しみ」になるのは、メラニンが増えてしまうからです。
女性にとっては、こんなもの出来て欲しくないですよね。
それでは、メラニンは何故できてしまうのかを説明いたします。

メラニンが出来る原因は、皮膚が刺激を受けるからんなんですね。
ですから日焼けすることになる紫外線が悪いと考えますね。
だったらば、UVケアさえしておけばメラニンはできないのでしょうか?
実はそれだけではないのです。

紫外線を浴びてしまったら、皮膚がせっせとメラニンを作り続けます。
それのみならず、機械的な刺激によってもメラニンは作られるのです。
ですからUVケアさえしていれば大丈夫ではありません。

女性の人にはあまりみられませんが、中年の男性には比較的多く
みられます。お腹周りがぽってしりてきたら、ウエストの周囲の皮膚が
黒くなってくるのです。

その原因となっているのは、日常的にベルトでウエストを締める
からです。皮膚がすれてしまって、その刺激によってメラニンを作って
しまっているのです。

女性の皆様も補整下着を着用する場合は要注意です。身体にフィットしない
下着を我慢して着用しているとメラニンが出来る可能性があるのです。

恐いですね。

そういった部分に出きてしまったメラニンは、凄く強力な「しみ」になって
しまいます。一部分でなくて広い範囲が黒ずんでしまうので厄介ですね。


仕事中はできないでしょうが、自宅に帰ったらできるだけ、
そういった刺激を
しないようにゆったりとした服装にすることが大切です。


【1】日焼けを防止するためにUVケアをする事。
【2】機械的な刺激を避けるために、フィットした下着を着ける事。
【3】お肌に合わない化粧品は使わない事。

こういった事を心がけておきましょう。
そうしてお肌を大切にしてあげれば、メラニンをつくることはないのです。


メラニンができてしまった場合でも、スキンケアをしておけば徐々に
綺麗になります。メラニンができる原因を理解しておいて、「しみ」
のないお肌をキープしたいですね。

ページの先頭へ