意外と日焼けしやすい?色白さんの日焼け対策

日焼けをしやすい人・しにくい人がいるのをご存知ですか?肌が白い人は、そうでない人と比べて日焼けによるダメージを受けやすいため、正しい日焼け対策を知っておく必要があります。

肌が白く日焼けのダメージを受けやすい人は、どのような対策をすればよいのでしょうか?

色白さんはなぜ日焼けしやすいの?

肌が白い人の方が日焼けしにくいと思われがちですが、どうして色白だと日焼けしやすいのでしょうか?

日焼けのしくみ

日焼けといえば肌が「黒くなる人」と「赤くなる人」がいますよね。実は日焼けには2種類あります。

サンタン

紫外線A波(UVA)が瞬時に肌を黒くすることを「サンタン」といいます。
紫外線を浴びると、皮膚はそのダメージを緩和するためにメラニン色素を増やし、黒くなります。メラニン色素はシミの元ですが、実際は紫外線の影響を抑えるために存在しているのです。

サンバーン

紫外線B波(UVB)が皮膚に赤みのある炎症を起こさせることを「サンバーン」といいます。
紫外線を浴びた時に、メラニン色素が作られずに直接紫外線のダメージを受けると、肌は炎症を起こしてしまいます。火傷と同じ症状になり、皮膚がヒリヒリと痛みます。

白人などの肌が白い人ほどサンバーンが起こりやすく、肌が赤くなって傷みが続くなどの症状が出やすくなってしまうのです。

肌が白いと、ダメージを受けやすい

日焼けで肌が黒くなるのはサンタンが原因ですが、炎症などのダメージを受けやすいのはサンバーンの影響です。

サンタンが無理のない健康的な日焼けなのに比べ、サンバーンは日焼けというより火傷と同じ状態になることからも、肌が白いといかに紫外線のダメージを受けてしまうかが分かります。そのため肌が白い人は、特に念入りに日焼け対策をしておいた方がよいでしょう。

また、乾燥肌の方も注意が必要です。乾燥すると肌のバリア機能が低下し、紫外線の刺激を受けやすくなってしまうため、保湿をしっかりして日焼けを防ぎましょう。

色白さんのための日焼け対策は?

肌が白い人は、そうでない人に比べて日焼けによるダメージが大きくなってしまうため、日頃のこまめなケアが大事になってきます。
以下で色白の人のための、日焼け対策をまとめました。

ビタミンを摂取する

日焼け防止に良いとされる成分として、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEがあります。

ビタミンAやビタミンEには抗酸化作用が含まれており、肌に悪影響を及ぼす活性酸素を除去します。また、ビタミンCは日焼けの原因であるメラニン色素を減少させる効果があり、肌にハリツヤをもたらしてくれます。

ビタミンは、野菜ならピーマンや芽キャベツ、果物なら柿やキウイフルーツ、いちごなどに多く含まれています。

肌のターンオーバーを促す

肌の生まれ変わりや新陳代謝を「ターンオーバー」といいます。

メラニン色素が肌に残らないように、肌のターンオーバーを促すことも、日焼け防止に繋がります。例えば、夏でも冷えないように湯船で身体を温めたり、マッサージで血流を良くしたりと、血の巡りを良くするだけでもターンオーバーが期待できます。

保湿する

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなるため、保湿力のある化粧品を使って肌を守りましょう。特にセラミドやコラーゲン・ヒアルロン酸等の保湿成分がたっぷりと含まれたものを選べば、潤いを閉じ込めて、紫外線から肌を守ることができます。

ビタミンCはメラニン色素を減少させる働きがあるため、ビタミンC誘導体を配合しているものを選べば、更に日焼けしにくくなります。肌をより白くしたいなら、美白成分が入った商品もおすすめです。また肌荒れを防ぐためにも、アルコールや着色料のような肌に刺激を与える成分が入っていないものが望ましいでしょう。

保湿することで、内側から潤い紫外線に強い肌になります。 季節問わず保湿をしっかりと行うことで、常に白い肌をキープしましょう。

ページの先頭へ