日焼け止めの正しい塗り方

せっかく日焼け止めを塗っていても、塗り方を間違えていたら意味がありませんよね。 そこで、正しい日焼け止めの塗り方について知っておきましょう。


まず、多くの人がミスしてしまっているのが、量が少ないということです。 商品によっては、「適量を…」といった表現がありますが、適量と言われてもどれくらいなのかよく分かりませんよね。


自分ではたっぷり塗っているつもりでも、実は量が足りていないということもあるかもしれません。 ひとつのポイントとも言えるのが、全体にムラなく塗ることができる量かどうかという点です。


ムラがあった場合、そこだけ日焼けしてしまうことがあるので気を付けましょう。 べたべたになるまで塗る必要はありませんが、塗りムラができないように注意が必要です。


続いて、塗りムラを発生させないためのコツについて紹介します。


日焼け止めにはいろいろな種類がありますが、クリームタイプの場合、まずは手のひらにクリームを出して両手に広げましょう。 そのうえで顔に塗るようにしたほうがムラができにくいです。 手のひらに伸ばしたものを顔に塗る時は、手のひらで顔を包み込むようにすると全体にまんべんなく塗ることができます。


あとは小鼻の部分や髪の生え際など、塗り残しがないかチェックしながら塗りましょう。


乳液タイプの日焼け止めの場合は、とても伸びがいいのが特徴です。 塗り残しが発生しにくいタイプとも言えますが、塗ったつもりで実はきちんと塗れていないという部分がないように気を付けなければなりません。

特に、目元や耳、輪郭部分、小鼻の周りなどは塗り残しが発生しやすい場所でもあるので、鏡を見ながら丁寧に塗っていくようにするといいですね。

外に出る以上はどうしても紫外線を避けることはできませんが、日焼け止めクリームや日傘を上手に活用して、夏場の強い紫外線に備えましょう。

近年はおしゃれなUVカットロング手袋も出てきているので、おしゃれを楽しみながら紫外線対策ができるはずです。

ページの先頭へ