複数の業者からキャッシングは可能?

キャッシングを行ないたい人の中には、同じ時期に複数のキャッシング業者から、お金を融資してもらいたい人も少なくありません。実際のところ、同じ時期の申し込みで、複数のキャッシング業者からお金を借り入れることは出来るのでしょうか。

まず始めに、消費者金融というのは融資の申し込みを受けた際、信用情報機関を通じて利用者のこれまでの取引履歴や、今の取引状況の確認を行います。

ですから、もしもこれまでの取引の中で返済が滞っているなどのトラブル情報が載っていたとしたら、複数はおろか、どこからも借り入れることはできません。

また、もしも今までキャッシングを行った事がないというケースでしたら、信用情報自体がまっさらの状態ですので、複数で借り入れることのできる可能性はゼロではないということになります。

但し、信用情報がないということは、利用者がこれから返済していけるのかどうか、業者側からは量れない状況です。返済能力を測れないということになると、その他の条件次第では複数というのは難しいかもしれません。

では、もしも複数の業者から借り入れる事が出来たとしましょう。一体どの程度借り入れる事ができるのかというと、それは総量規制に関ってくる問題です。貸金業規制法という決まりごとの中では、利用者が借りられる金額が決まっています。

利用者の年収の三分の一より下が、その人の借りられる限度額になるのです。例えば年収が300万円の人のケースであれば、三分の一は100万円となりますので、100万円以下の融資を受ける事ができます。

今、他の消費者金融から融資を受けているケースでは、この資金業規制法に沿った金額が、他のキャッシング業者の審査に通った場合の借入れできる金額となるわけです。

ですから最初の、「同じ時期の申し込みで、複数のキャッシング業者からお金を借り入れることは出来るのか」という答えは、条件によってできる、といったことになるでしょう。ちなみに銀行系が提供しているカードローンは「総量規制」内には入りません。

ところで、キャッシング業者が信用情報機関へ確認を行う理由というのは、利用者にお金を都合したときの「返済能力」が備わっているかどうかを調べるためです。

キャッシング業者が持つ「スコアリングシステム」という審査基準があるのですが、それを利用して返済能力があるかをチェックしようという目的のもので、どの金融業者も信用情報機関へは必ず問い合わせを行います。

ですから希望する融資額の審査で、キャッシング業者が利用者に対して返済能力を認めればその額どおり融資を行いますし、返済能力が若干足りないと考えれば希望額より少な目の融資に切り替わります。残念ながら返済能力がゼロだなと思われてしまったケースでは、審査に通ることはないでしょう。

このページの先頭へ